2006年05月28日

電気たこ焼き器

1つ前の記事に書いたように、なんばを散策し「たこやきくん」というお店のたこやきを並んで食べました。8個240円、安い〜

大阪で一番うまいたこやきくん、と言っているのでどんなものかと思って並びました。先日通りかかったときは10組以上ならんでいたのですが本日は少なかったのであっさり食べることができました。

天かすをたっぷり入れ、さっくりした食感を出しているのはなるほど、と思いました。仕上げの時に、油をさし、表面をかりっとさせる、というのは銀だこと同じ。タコは少し大きめ。お味はまぁまぁでしたが、築地銀だこの方が私は好きですね。

今まで食べたたこ焼きで一番おいしいと思ったのは、幼少の頃、広島駅近くで食べたたこ焼き。表面はかなりカリカリ、こんがりしていた記憶があります。普段お店で食べるたこ焼きはふにゃふにゃなものばかりでしたので、かなり衝撃を受けました。ものすごく満足したのを覚えていますが、すでに20年以上前のこと、もうそのお店はないかもしれません。

その幻のたこ焼きはさておき、その次においしいのは自分で作ったたこ焼きでしょうか。これも子供の頃ですが、家に鉄のたこやきの型があり、テーブルコンロに乗せて自分で焼いて食べてました。夕飯はたこ焼きだけ(しかし40個近く食べてた)という楽しいこともやってました。

今はなぜかうちには電気たこ焼き器が2つあります。
先日もこれで自分でたこ焼きを焼いて、満足感に浸りましたが、やはり自分で焼いたのがおいしいです。


takoyakiki.jpg


ちなみに何故2つあるかと言うと、1つは自分で買ってもっていたところ、関西に転勤する前にプレゼントされたので・・・既に持ってますって(笑)

●作り方
単に市販のたこ焼きの粉でタネを作り、キャベツ、青ねぎのみじん切りを加えます。生地は水っぽくならない程度、とろっとした感じにします。
あとはひたすら焦げないように焼きます。水っぽくない分、温度調整ができないたこ焼き器では、よく回転させて焦げないように気をつけます。竹串両刀使いします。焼き上がりは油を少し垂らしてかりっと仕上げます。最後に大好きなオタフクのお好みソースと青のりと魚粉をかけます。

あぁ、また作りたくなった・・
posted by inady at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。