2006年08月13日

ジブリの“ゲド戦記”を観て・・・

本日、映画館に“ゲド戦記”を観に行きました。

下の感想には若干ネタバレがありますので、これから映画を観て楽しみたい、本を読んで楽しみたいと言う方は読まないようにお願いします。

ただ、今回の映画を観て、よくわからなかったという人、つまらなかったという人は原作を読むことをお勧めします。たかが2時間くらいの映画で表現できるほどゲド戦記の世界は狭くありません。

これから映画を観ようとする方、ビデオなどで観ようとする方、私は原作を先に読むことをやはりお勧めします。その方がだんぜん映画を理解できます。

“ゲド戦記”の原作はこちら



<感想>
全般的に原作を読んでいないとわかないだろうなぁ、と思う箇所が度々ありました。

・龍の存在のすごさ(人間との関係は台詞で補足あり)
・ゲド戦記の中の魔法の世界(風の司の役目があれではわからないと・・)
・真の名前の重要性。(千と千尋の神隠しの真似と思われてしまう・・・)
・ゲドの名前自体(1度テナーが呼びますが)
・テナーの過去(アチュアンの墓所と1度いいますが)
・テルーと龍の関係
・生と死を分かつ扉のイメージがまったく出てこない

話がうまく流れていなかったです
・アレンが恐れているのが何かが最初全然わからない
・なぜアレンが王を襲わなくてはいけなかったのか、明確でない
・ゲドがテルーを見て「まさか」と言った理由が最後の方までわからない。
・なぜゲドが農夫の真似事をしているかという問いに対する答えが変
・クモにテルーが絞め殺されたと思ったらなぜ立ち上がって龍に?
・クモを倒して、世界はどうなったのか?均衡は戻ったの?
・そもそも何故均衡が崩れたか?クモの存在のせいだけにされている?

こうして欲しかったという点が多いです。
・内容が濃いので、原作の1,2巻を1作目、3巻は2作目などに分割。
・アレンのその後を華々しく。王になる方があれだけでは・・
・テナーの近所のおばさんたちはいらない。面白くない。
・テルーの歌う姿は最初だけでいい。
・テルーの変身がわからない。場面が変わったら変身していたでは・・
・テルーが変身ではなく、カレシン(龍)を呼んで欲しかった。(4巻参照)
・テルーの龍が炎を吐くなど壮大さを表現して。ただクモが燃えちゃった。

映像に不満でした。
・急に場面が変わる。あちこち変わる。スムーズでない。

良かった点は、一応生と死、光と闇などが表裏一体となっているという物語全般を通して語られている内容は入っていたこと。(これがないとゲド戦記ではなくなってしまうので)


と、まだまだ書き切れませんが、この辺で・・・
posted by inady at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。